讃岐うどん店取材裏話

讃岐うどん一覧

某うどん屋さんにて
釜玉うどん事前に取材のことをお願いしていたので店のご主人には「よろしくお願いします。」と声をかけ席に着いた。
席に着いたとたん、新人スタッフのA子が「どのうどん食べようかなあ・・」といきなりメニューを見始めた。エッ・・うそ・・まだ朝やろ・・それにこれは仕事やろ・・(≧∇≦)でもまあうどんを注文しないと写真も撮れないし味の感想も書けないので注文することにした。

「すいませ〜ん、ぶかっけうどん(小)をひとつと・・それと・・あんた何にするん?」とA子に聞くと「はい、何にしようかなあ・・釜あげもええなあ・・いや、やっぱり釜玉・・いやいややっぱりカレーうどん・・ウ〜ン悩むなあ・・」エッ朝からカレーうどん??うそやろ(≧∇≦)「はよ(早く)決めや、これからまだ取材に行くんやから」「ハイ、分かりました、やっぱり釜あげにします。」

それから注文したうどんが運ばれてきたので写真を何枚か撮って食べることにしました。
麺はしっかりこしがあり、見た目も美しい・・それにダシが絶品、ア〜これが本場の味や〜と思いつつ食べていると隣から「ごちそうさまでした」と・・エッエ〜「もう食べたん!ハヤッ」あの熱い釜玉うどんをあっという間に食べたA子・・信じられません。「先輩、遅いですね。次は○○の取材ですね。何食べようかなあ。」す・・すごい胃袋・・・。そ・・それに・・釜あげの(大)食べたのに・・恐ろしい新人や。もしかして大食い大会に出場したことあるんとちがうやろか(大食い大会に出場したことがあるのだろううか)

こうして、取材はA子に圧倒されながらなんとか一日終了!
結局、A子はその後、釜たまの(大)、おでん2本、カレーうどん(小)、ちくわ天をトッピングしたぶっかけ(小)を食べた。初めは「この麺とだし美味しいですねえ」と言っていたが最後には「ほんまにここの麺はうまい!たまらんなあ!」とA子からA男に変わっていた・・。ほんまに恐ろしい新人が来た(≧∇≦) ・・・つづく

讃岐の方言讃岐の方言
取材をしていて他県からも讃岐うどんを食べに来る人が増えたなあと思いました。お店の中では地元の人はもちろん讃岐の方言で会話していますが他県の人には讃岐弁が通じていないこともあるようです。そこで、少し解釈が間違っているかもしれませんが讃岐の方言をちょっとだけご紹介したいと思います。
≪讃岐の方言へ≫




サイト名: 讃岐うどん総本山   http://www.sanuki-udon.jp
この記事のURL:   http://www.sanuki-udon.jp/modules/udon_tazunete1/index.php?id=3